第一部/芝居
第一部/オリジナ・る ミュージカ・る 明治座で逆風に帆を張・る!!
―時は平安末期。人々は疲弊している。 数年前に朝廷が起こした些細ないざこざは、平家と源氏という武士の棟梁たちを巻き込んでの大きな戦となった。
戦は落ち着き、平家の世の中となったが、人々の暮らしはままならないまま。明日を迎えることすら不安なその暮らしを送っていた。 そんな時代の「東国」(とうごく)に、源氏の御曹司であった源頼朝が島流しとなった。
東国の一領主であった北条一族の次男、北条義時は、父の時政に命令されるまま、頼朝の側近として仕えることとなるが…。 武士の棟梁の御曹司にも関わらず、すぐに誰かに感情移入しては泣く、涙もろい源頼朝と、東国の天才と謳われるも、辛辣な策略家、北条義時。 周囲に理解されずに生きてきた二人が互いの「理解者」となった時、東国に今まで吹いたことのない風が吹き始める。頼朝と義時、二人と、二人が守りたいと願った仲間たちによる「鎌倉幕府」出航のお話。
配役
配役
配役
相関図
相関図

第一部/オリジナ・る ミュージカ・る 明治座で逆風に帆を張・る!!